夏の正しいニキビ対策

夏は汗をかきますので、タオルやハンカチで顔や首筋などを無意識に擦ってしまうことが少なくありません。しかし、汗の拭き方次第で美肌になるかトラブル肌になってしまうか分かれてしまうといっても過言ですありません。汗はマメにふき取ることが大切ですが、汗を拭きとると肌を擦ることになりますのでダメージを与えることになるのです。使い捨ての柔らかいウエットティッシュなどで抑えて吸い取るようにすると肌に負担がかかりにくくなります。
夏場は1日に何度もシャワーを浴びたり、顔を洗ったりすることが多くなります。夏場にニキビが増えるのは、汗が原因ではなく、夏の過ごし方が原因となっていることが多いです。暑いからといってケアを怠ると、秋になって肌トラブルに気が付いて慌てることになますので注意しましょう。
汗をかいた後のシャワーはとても気持ちがいいですし、サッパリします。顔も水で洗うだけでサッパリします。顔を洗う場合には、石鹸の使用は1日に2回程度に抑えることが大切です。顔の脂質はある程度は必要な成分です。脂質が少なすぎてもニキビや肌トラブルの原因となります。
シャワーの後にはきちんとケアをすることも忘れてはなりません。汗が引いたら早めにローションや化粧水などで保湿しましょう。怠ると大事な肌の保湿成分が逃げてしまいます。特に洗顔後には必ず保湿をすることが大切です。夏の肌は紫外線やエアコンの風などで乾燥しやすくなっているのです。

MTBlog50c2BetaInner

2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ