レーシックにはどのような種類があるのか

■レーシックにはどのような種類のものがあるのか
レーシック手術と言ってもいくつかのタイプに分かれており、一般のレーシック、イントラレーシック、ウェーブフロントレーシック、エピレーシックなど、さまざまなものがあります。

それぞれの施術に特徴があり、費用も異なってきます。
まず、アイレーシックでは、一般のレーシックに比べて、かなり精度が高い機器を使用しています。
そして、ウェーブフロントレーシックの場合、詳細な角膜のデータを算出してから、しっかり分析を行って、最適の施術を施します。
以上のように、レーシックと言っても採用する機器により、施術内容や精度が異なってくるため、費用が異なってくるのです。

レーシック手術の際には、角膜の表面を薄く削り取ってフラップを作ります。
このフラップ作成に特殊な機器を用いるレーシック施術もあります。

こういったレーシック手術は、保険適用外となっています。
つまり、自由診療であり、病院やクリニックごとに自由に価格を決めることができるのです。そのため、同じ施術内容でも病院ごとに費用が異なってきますし、レーシックの施術ごとでも価格が違ってきます。

もし、レーシック手術を受けようと考えているのであれば、痛みを最小限に抑えられる方法を選ぶか、すぐに視力回復が実感できる方法を選ぶか、費用が安い方法を選ぶのか、など検討しなければなりません。

MTBlog50c2BetaInner

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ